DONATE

おかえりキッチンの運営を毎月のご寄付で支える
「おかえりサポーター」募集

おかえりキッチンの運営には、月50万円が必要です。
運営費をサポートいただけるおかえりサポーター(1,000円/月)×500口を募っております。
ぜひ、サポーターに加わってください!

<50万円の内訳(月間)>

費目内訳合計
賃料    10万円10万円
人件費店長 24万円×1名
アルバイトスタッフ 12万円×2名
48万円
材料費おかえりチケット:500円×50名(/月)
アンドセンター宿泊者:500円×10名×25日
来所相談者(初回のみ):500円×40名(/月)
17万円
支出合計75万円
売上合計(1万円×25日)25万円
必要な資金  50万円  

※寄付金管理の都合上、本寄付はおかえりキッチンへの使途指定寄付ではなくHomedoor全体へのご寄付として扱わせていただいています。使途指定寄付をご希望の場合は、こちらよりご連絡ください。

259

/500人

宿泊利用者の感想

おかえりキッチンを運営している認定NPO法人Homedoorでは、ホームレス状態の人が一時的に宿泊できる「アンドセンター」も運営しています。宿泊者の皆さんにはおかえりキッチンで”まかない”として昼食を提供しており、この昼食は寄付などのお力添えもあって実現しています。

おかえりキッチンで昼食をとられた方の感想を伺いました。

昨年5月にコロナで仕事が減り退職、その後短期派遣で働く中、寮を退去になりHomedoorに来所されたOさん(58歳)に約1週間おかえりキッチンで食事された感想を聞きました。

おしゃれなお店で料理もとってもおいしく、量もちょうどよかったです。コロナ対策もしっかりされ、カウンターの衝立(ついたて)も圧迫感がなかったです。おかえりキッチンという名前の通り、とても居心地が良い落ち着く雰囲気でした。生活を立て直してまた挨拶に来ます。本当にありがとうございました

Oさんはそう言って帽子をとり、深々とお辞儀をされました。

こちらに来られた時は「すがるような気持ち」だったと話されるOさん。「利用前は自暴自棄になりかけていたけど、もう一回頑張ってみようと思えました」と新たな居宅を決め、退去されました。

Homedoorに来られる時、所持金が1000円以下の方も少なくありません。何時間も、時には何日も歩いて辿り着かれる方もいます。数日間何も食べずに来所され、着いた時にご飯を勧めても空腹で気分が悪くなり、すぐには何も食べられないという方も。

アンドセンターでゆっくり休んで頂き、おかえりキッチンで食事をすることでまた頑張ってみよう、と思える場所でありたいと思っています。